「桜井dots
 まるで友人を悼むような目でじっと彼を見ている友哉。ゆう子はそれを静かに見ていた。
「やったのは白い服の男たちか」
と言って、彼の胸のあたりに手を置いた。すると、暗い部屋に緑色の光線が飛び散った。ゆう子は驚いて思わず友哉に駆け寄った。
「なにしてるの! またガーナラじゃない!」