と言って、ゆう子が着ていたルームウエアをずり下ろした。白い下着が丸見えだ。ゆう子が珍しく、「きゃっ」っと女の子らしい声をあげる。ところがそれは本当のただのイタズラだったようで、ゆう子をだらしない格好にさせておいて、なぜか友哉は外出してしまった。
「あれ? どこに行ったのかな」
 ゆう子がルームウエアを着なおしながら、友哉を追いかけた。ドアを開けて廊下を見て、
「いないよ」
と、利恵に教えた。