ゆう子が躊躇いながら言った。
「そこの窓から犯人を撃つのか」
 友哉が処置室の窓をちらりと見た。
「そ、そんなとんでもないことができるのか」
 桜井が大きな声を出した。だが友哉が、
「自信がない」
と正直に言う。晴香と桜井を蘇生させたばかりで、友哉は一言、言葉を口にする度に息切れをしていた。