リチャードは錯乱していた。北島春香から伏せるように指示されたということは、利恵が自爆するつもりだったと、リチャードは考えたのだ。その時、
「リチャード、泣かないで」
 煙と砂埃が巻き上がっている店の一角から、利恵が出てきた。利恵は片言の英語でそう言ったのだ。
「彼も病院にお願いします。いててdotsわたしも一緒に」