「応えてるよ。下町人妻趣味やスポーツ女子ファッションの趣味に付き合ってるし、あんなに口が悪いのを我慢してるんだから」
 ゆう子のその言葉に、利恵は、ゆう子さんの方が口が悪いと思うけどなあ、と言いそうになり、苦笑いとともにその言葉を飲み込んだ。

 友哉はタクシーで、『Noise』に向かった。