然すぎる。涼子と再会した瞬間に、利恵の出会いが喉の奥に異物が詰まったような感覚になった。せっかく、ときめいたのにdots。つまり、涼子との再会に作為があるということだ。トキの意向か。穏やかに暮らしたいのになんて迷惑な状況だ。
 そして、何度も考えていたことは、ゆう子が涼子を知らないのに、涼子との関係を進んで教える必要はない、という見解だった。