「なんだい」
「明日、また利恵がここにくるが、僕は仕事ですぐに来られないから、ずっと居座ることになる。いいかな」
「OKだよ。バーは客がずっと居座るもんだ。それに利恵は席を予約していった。満席になることがない店なのにね」
 さすが、利恵。準備万端だ。
「そうそう、あんたの娘は今はどこにいるんだ」
 リチャードが唐突に訊いてきた。友哉が、「日本に帰国した」と答えたら、