「フィジーでもモルディブでもなくて、沖縄でいいか。その代わり、もし、ハルカ・キタジマが来たら、この店から出さないでくれないか」
「なぜ?」
「皆で待ち合わせをしてるのさ」
 大らかな笑顔を見せると、マスターは、
「日本人の女は、皆子供に見えるけど、俺が一生懸命、ハルカ・キタジマを口説いて、ここにとどめておくよ」
と笑って言った。