少女をいじめる気はないが、ちょっとカフェにでも同行してもらおうと思い、桜井がそれを頼むと、晴香は、少女らしからぬ含み笑いをしてみせた。
「知らないおじさんとお茶なんかしません。パスポートの偽造? 父はそんな退屈なことはしませんよ。堂々とした人です」
「ほう。パパが好きな娘か」
「堂々とアメリカで女遊びをしていますので」