晴香はさっと桜井の後ろに隠れた。肩幅がある桜井の影に完全に入ることができている。晴香が視線を投じた先に、白っぽい服を着た男が二人、歩いてきていた。
「どこかで見たことがある服dots
lineササキトキの服と似ている。少しデザインが違うが、素材が同じなのか、光り方や皺の入り方がそっくりだ。
 桜井は彼らを凝視しながら、腰のホルダーにある拳銃に手を寄せた。