どうやら、店の扉に自分の名前が書いてあるのを友達から聞いたようで、いったん学校から出て、店を覗きにきたようだった。
「座って座って。そこをなんとか早退できないかな。あ、奥原ゆう子さんに会わせてあげるから」
「会ったら楽しいだろうけど、そんなに興味はないですよ」
 そう言いながら、しぶしぶテーブル席に座った。