利恵が狂ったように頷いている。ただごとではないと思った彼女は自分でゆう子に話しかけた。
「奥原ゆう子さんですか。東京の晴香ちゃんが警察の人と一緒にいてdots
 利恵の顔を見る。
「誰かに襲われた」
「え?」
 北島春香も目を丸めて、息を止めた。
「お、襲われたそうです」