利恵はどうしていいのか分からず、リチャードの顔を哀願するように見た。日本語が分からない彼も、事の重大さが分かったのか言葉を失っていた。

 利恵から、成田空港で晴香が何者かに襲われたことを聞いたゆう子は、すぐに友哉にそれを教えた。
「す、すぐに日本に飛んで」