line来てくれるんだ。
 一人で心許なかったゆう子は少し安心した。
 涼子には、「友哉さんが成田空港でまた倒れた」と教えたのだ。だから来てほしいと。
 電話番号も記してあったから、ゆう子は看護師に頼んで、通話にしてもらう。涼子はすぐに電話に出た。車のようだった。
「わたし、今日、偶然成田に用事があって、そっちに向かってますよ」
「本当に? 車?」