line行かないで、お願い。わたしはここにいるの。また籠の中だよ。またdots

 教師が泣いている涼子の腕を掴んで、窓際から引き離した。
「離して! あなた! あなたってば! 嘘つき、女は棄てたことがないって言ってたのに、わたしを棄てるの? 一番好きだって言っていたわたしを!」
 教室の隅で大きな声を出した涼子を生徒たちが、軽蔑するように見ていた。