「はいはい。あなたdots。その悪い口を黙らせてあげる」
 と言った。声色はまた妻を気取った音色に変わっていた。そして、友哉の口にその美しい桜色の唇を合わせた。
dots誰とも寝てません。大人になったから早く迎えにきてください」
 友哉の手から自分の右手を離し、そっと彼の胸に手を乗せて、涼子は涙を流した。
「わたしはいったい何をしてるんだろう。まさか律子さんが、あなたを見捨てるなんてdots。あんなに離婚したくないって、話だったのに」