『そうなんだ。わたし、今から出勤。電車の中よ。彼はいつまでいるの?』
「わかんない。だらだらとずっといるかも。わたしの体に夢中だから!」
『そういう挑発には乗りません。どうせ、休みなんでしょ。仕事が終わったら行くね。お泊りセット、持っていくよ』
「わたしと友哉さんが一緒に寝てることに怒らないの?」
『ゆう子さんには楽勝だから。だって、中身がお粗末なんでしょ(笑)』