やや、声を高くして言ってみると、
「乗らないそうです」
と彼が自分の胸に向かって言った。
「そのポケットに入っているスマホを出してほしい」
 友哉の言葉に彼は黙って、スマートフォンをテーブルに置いた。
 友哉のリングがうっすらと赤く光った。