line爆発する仕掛けはないが、誰かに筒抜けか
「この無関係の男にかけた催眠術のようなものは取れるのか」
 スマホに向かって言って、友哉は改めてウエイトレスを呼んだ。
「彼に美味しくて苦いコーヒーをお願いしたい。エスプレッソでもいい」
 ウエイトレスは頷いて、ニコリと笑った。
『友哉か。このスマートフォンとやらをいじるな。言葉が分からなくなる。晴香を殺すのを邪魔した男は誰だ』