友哉がおどけて言ってみせると、スマホのスピーカーから小さく失笑する音が聞こえた。
『何度か戦ったようだが、では誰のためだ』
「そうくることは読んでいた。その誘導尋問には乗らない。ま、自分のためかな。暇潰しに楽しませてもらった」
『神格化したがる悪魔だ。もう、いい。利恵が会いに行くのは涼子ではなくて誰だ?』
「そこは答えない。利恵と涼子の関係を気にする奴に」