友哉の言葉に男が顔を動かした。友哉をじっと神妙に、そう観察するように見た。友哉は車の運転のため、まっすぐ前を見ていた。
「彼女と出会ったのは、彼女が小学六年生か中学一年生の時だった。顔に殴られた痕があった」
 物悲しそうに言う友哉。すでに助手席にいる男に突き付けていた銃、PPKは消している。
「親友の編集者が連れてきた彼の娘だ。俺に、力を貸してほしいと言うんだ」
「力dots