「俺の小説に出てくる男と、先生が一緒なら良いアイデアが浮かぶはずって言われた。その少女は、俺を見て腫れたほっぺを丸まさせて笑ったんだ。だけど、目は死んでいた。クラスメイトに殴られながらその笑顔を作るんだろうな。だから余計に虐めに拍車がかかる。俺は、この子を守るために生まれてきたかも知れないと背筋を震わせた。それから深夜の繁華街や熊が出てくる北