そこには、
『お母さんに勧められた本。利恵は、この本を書いた佐々木先生と結婚するんだ。昨日、ファンレターを書いた。まだ中学生だから、相手にされないと思う』
と、丸っこい字で書かれてあった。
 利恵は、本をベッドの上に置き、クローゼットの中にあるルイヴィトンの旅行鞄を開けた。旅行に行かなくなった時に、【宝物を入れる箱】に変えて、鍵もかけた鞄だ。
 田舎の友人の写真。父親から初めてもらった誕生日プレゼントの縫いぐるみ。大事な人たちからの手紙。今ではレアになっている携帯電話。そして、