そして利恵は今、自分が着ている洋服を見て、また目を丸めた。
dotsあ」
 友哉と出会ってから、ずっと着ている清楚なワンピース。または長くてふわっとしたスカート。その洋服に合った地味目の下着。
line友哉さんが、わたしの憧れの小説家の先生だったんだ。
 利恵は運命に導かれた出会いに感動した。だが、
lineこのことはゆう子さんには黙っていよう