友哉が、中学生の宮脇利恵からファンレターをもらってから、数年が過ぎて、まさに、律子との夫婦関係は悪化していた頃。当たり前だが、女子中学生からのファンレターのことなど、友哉には忘却の彼方になっていて、新しい恋人がすでに出来ていた。
 律子と言う妻がいるのだから、世間で言う不倫になる。
 ある日の夕暮れ時。
 お盆が近かったから、友哉は父親の墓参りに行こうと思い、執筆を止めた。その時、