「友哉さん、悪いけど背中を流してくれる?」
と、律子の声がスマートフォンから響いた。書斎にいた友哉がお風呂場に行くと、バスタオルを巻いた律子が、背中の辺りを首を捻じ曲げるように見ながら、
「ここになんか、できてて痒くて」
と言って、真顔になった。そのまま全裸になり、浴室に入る。
「あなたは服を着たまま。タオル越しにしか触らないで」
「わかった」