そう決めているのだ。
「なぜ、俺が律子に頭を下げているのを聞いていて、俺に幻滅しないんだ」
「お、退屈じゃなくなってきた」
 涼子はそう言って、また不敵な笑みを零した。
「お芝居だから」
dots
 涼子は身を乗り出して、友哉の頬にキスをした。