その類の言葉ばかりを浴びせられてきた。
 佐々木家の墓は、友哉の父、佐々木友孝とご先祖様が一緒の大きな墓石が真ん中にあり、その脇に小さな墓石があって、それは真新しかった。
「こちらはどなた?」
 友哉は車にあった非常用のライト。涼子はスマホのライトを照らしていた。
「え?」