「大河内って男もそれを読んでロスのことを知ってたし、奥原ゆう子は終わったな」
「熱愛、一回で終わるようなわたしではない」
「そうだな。三年くらいじゃ、その美貌も劣化しないだろうし。利恵はよく来るの?」
 全裸のゆう子を見ながら言う。その視線を感じたゆう子は口角を持ち上げて嬉しそうに笑っている。
「うん。三回目。でもいつもすぐに帰るよ。今日は泊まるらしいけど」