「でも?」
「嫌いにはならないが、他の女と浮気するぞ」
「すみませんでした」
 素直に謝る涼子。友哉に惚れていて、友哉が虐めから守ってくれている英雄で、友哉の怒りには決して逆らわない。そして友哉を「優しい男」だと涼子は思っていて、
「お墓が本物だったら蹴らないくせに」
と呟いた。