「全裸になるのが好きなようだけど、俺は少し着ていてもらいたい」
「うんうん。あなたが着衣のセックスが好きなのは知ってる。後でかわいいパンツも穿くからね」
 友哉が煩悩を振り払っているような顔で、頭を振った。すると、ゆう子は今度は裸のまま靴下だけを穿きだした。
「全裸に靴下は、娘にやらせてたね。ヤバい、近親相姦だよ。だからそれを真似たプレイだよ。どう?」