「なるほど、友哉さん、深い意味がないどころか深海にいるよ。もっと気楽に」
 ゆう子が友哉の肩をポンポンと叩き、なぜか背伸びをする仕草を見せる。
「気楽にさせるためにどこかの王様から派遣されてきた女がその調子だから、本末転倒だ。とにかく、それを忘れていたのに、それで緊張した」
「緊張? なんか変だな。隠し事があるねえ」