四人の女たちが、友哉の母親の浮気の話で興奮している。
「あんなに立派な旦那さんがいるのに、何が不満なのかしら」
 奥さんの一人がそう言った。友哉はその女を見たことがあった。授業参観に来ていたクラスメイトの母親だった。
「あっちに決まってるでしょ。美人妻に手を焼いた佐々木さんが、抱かなくなったのか、きっと弱いの」