「やったんだね。娘が挑発をしてるから仕方ない。あなたの目の前でおっぱい出してるからね。大丈夫。あなたを嫌いにならない」
ゆう子は言いきり調でそう言って、友哉のジーンズを脱がして、ペニスをくわえこんだ。いつものように雑なフェラチオだ。歯があたったり、男が喉を突いてないのに自分で勝手にむせたりしている。
「ヤバい。大きくならない」
 ゆう子が口からペニスを離して、友哉の顔を見上げた。