友哉はゆう子の色気と尋問が苦痛になってきて、着信ランプが光っているスマホを手にした。
「晴香からメールがきてる」
と、ゆう子に教えた。
「なんだって?」
「連日学校で大騒ぎで疲れたから、今日は休むって。怒ってる絵文字がある」
「ご愁傷様です」
 晴香と会えるようになって嬉しそうな彼に、少し生活臭さが見え、ゆう子はため息を吐いた。