「うん。大丈夫、わたしのお母さん、元気だよ。お父さんも。うろ覚えだけど、あなたの名前が出てきたの」
「ほう」
「友哉さん、デビューは何歳?」
「三十歳前かなあ」
「わたしが小学生の時か。一致する夢。戦国時代の物語?」
「そうだよ」