項垂れてしまう。
「そうだね。さらに一億、二億と要求されそうだ」
「くれるの?」
 わざと大きく笑顔を作ると、
「一億はどうかと思うけど、利恵にならまたお金を出すよ」
と言った。
「冗談で言ったのに。なんで、なんで?」
「美しい女にお金をかけるのは夢のようなことだ。たまたま、今、お金があるからね」