「ああ、ゆう子と三人で暮らすか」
「なーんだ。まるでシェアなんとか」
 心底、がっかりした表情をつくる利恵。友哉は利恵のその溜め息は気にせず、
「とにかく、仕事が馬鹿げていて大きすぎるし、副作用がきついから、恋愛のことはしばらくゆっくりさせてくれないか」
と、少しだけ語気を強めて言った。
「三年くらい、あっという間」