「目は笑ってるだろ。そんなにひどい目にあってなくて幸せなんだよ。ラブラブってやつだ」
 和やかに言うと、利恵は目を丸めた。
「わたしは、飛行機の中でも言ったけど、つまり男の人と付き合ったことがあるのに、お金がなかった。男はセックスが目当てって言ったら、あなたは怒るけど、言いたくて仕方ない」
「俺との付き合いが幸せじゃないから、昔の男たちの悪口が出てくる。それは寂しいな」
「え? 違うよ。dots過去の傷が癒えてないから発散する悪口はダメなのかって訊いてるの」