「ずっといました。声が大きいですよ」
 大人びた口調で言うと、四人のうちの三人が顰め面を作った。
「お母さんの話は冗談よ。お友達の男性と一緒だったの」
 弁解するように、奥さんの一人が言った。その人は優しい面持ちをしていた。四人のうち、一番口数が少なかった女性だ。友哉は『このお母さんは女神に近い人かも知れない』と思った。だから、危険が近づいているのを教えようと思い、