「言ってないよ。賢い男性と結婚しろって。それって仕事ができる男性。それに、うちは超貧乏だった。農家だから、天候不順とかで一年以上、新しい服を買えなかったこともあった。お父さんはその間、畑が回復するのを待ってるだけよ」
「お父さんが悪い?」
「違うよ。環境破壊のせい」
「なるほど。本気の相談事なら、おまえの遊びが終わった後に乗るよ。そうだなあ、木曜日にはなんにもないかdots。そこでどう?」