「そ、それはその人を騙すことです。お母さんがそれはだめだって。謝りなさいって。過ちを犯したら誠意をもって謝る。女は頭を下げながら泣きながら、男の人は命がけで」
「お母様が? お母様は昔の女ですね。今は皆、そうやって生きているんですよ」
「皆?」
「そうですよ。過去の恋愛の傷を喋って得することなんか何もありません。あなたにも、将来の彼にも」