第十話 忍び寄る過去と未来

 それは友哉が小学六年生の頃の晩夏。残暑が厳しい午後だった。
 公園で、なんとなく空を見ていた友哉は、近所の奥さんたちの井戸端会議を耳に入れていた。熱中症対策で帽子を被っていた友哉に、奥さんたちは気づかない。
「佐々木さんの息子さん、本当にかわいいよね」
 そんな話で始まったお喋りだ。

「わたしが女子中学生だったら、年下でもいくよ」
 三十五歳くらいの奥さんが言う。夏なのに二重、三重に体を隠した格好をしていて、マスクをしている女もいた。真夏に花粉症なのかと、友哉は思い、とても彼女たちが暑苦しく見えた。
line女神とは程遠い女たちだ
と思い、急に曇ってきた空を見た。
「佐々木さんは有名大学を出てるし、イケメンだし、奥様も綺麗。息子がああなるのは当たり前か。だけど、絵美子さん。駅で男といるのを見たよ」

 四人の女たちが、友哉の母親の浮気の話で興奮している。
「あんなに立派な旦那さんがいるのに、何が不満なのかしら」
 奥さんの一人がそう言った。友哉はその女を見たことがあった。授業参観に来ていたクラスメイトの母親だった。
「あっちに決まってるでしょ。美人妻に手を焼いた佐々木さんが、抱かなくなったのか、きっと弱いの」

 大きな声で言い放って笑っている。友哉にはその意味がぼんやりと分かっていたが、興味は、四人のおばさんたちが醜いことだけだった。髪形を綺麗にまとめている女もいなければ、ミニスカートで脚を出している女もいない。まだ四十歳くらいだし、それなりに美人もいたが、ジャージのようなパンツを穿いている。パーカーを着ている女は化粧はしていなかった。
「佐々木さん、地元でしょ。祖父の藤次郎さんが満州でいっぱいレイプしてきたって話よ。いや、そのお父さんかな」
「慰安婦のこと? でもその血筋は奥さんと関係ないよね」

「あ、そうか。奥様のことはよく分からないね」
「なるほど、隔世遺伝で、友哉くんが女好きになるのね」
 友哉はその話に始めて反応した。
line隔世遺伝ってなんだ?
 家に帰ってすぐに調べたいと思って、ベンチから立ち上がって、公園の入り口へ歩いていくと、彼女たちが友哉に気づいて、びっくりした。
「友哉くん、いたの?」

「ずっといました。声が大きいですよ」
 大人びた口調で言うと、四人のうちの三人が顰め面を作った。
「お母さんの話は冗談よ。お友達の男性と一緒だったの」
 弁解するように、奥さんの一人が言った。その人は優しい面持ちをしていた。四人のうち、一番口数が少なかった女性だ。友哉は『このお母さんは女神に近い人かも知れない』と思った。だから、危険が近づいているのを教えようと思い、

「もうすぐゲリラ豪雨がきます」
と彼女に視線を向けて教えた。皆、空を見て、「あっ」と声を上げた。
「それから、そこで鳴いている蝉、あと三十分くらいで死んで、あなたたちの頭の上に落ちるかもしれません」
 木の枝の先にしがみついて鳴いているその夏最後の蝉を見て言うと、まさにその瞬間に蝉は鳴くのをやめ、友哉と奥さんたちの間に落ちてきた。悲鳴を上げる奥さんたちをしり目に、友哉は公園を出た。

lineお母さんは、俺だけじゃなくてお父さんも嫌いなのか。悪いのは、きっと俺なんだろうな。隔世遺伝っていうのがそうなるのかなあ
 大粒の雨が降ってきた。友哉は細い体をしなやかに動かし、家路を急いだ。

 大河内忠彦との事があった翌日の朝、利恵から、「遊びに行ってもいい?」と携帯のメール連絡を受けたゆう子は、ベッドの中で寝ている友哉をちらりと見、ナイトテーブルの上の置き時計を見た。

 友哉は新宿の高級ホテルの方角に向かったが、ゆう子が自分のマンションに連れて行った。手を繋いだままだと、どこか胸が苦しくなったが、駄々っ子を強引に連れて行くように手を引っ張ると、そうでもなく、ゆう子は母親のような態度で、その日、友哉を看病した。
 利恵には正直に、
「まだ朝だよ。友哉さんが寝てるよ。体調が悪かったから回復させた」
と返信をした。『回復』行為をする時の取り決めを伝えた形になった。

『そうなんだ。わたし、今から出勤。電車の中よ。彼はいつまでいるの?』
「わかんない。だらだらとずっといるかも。わたしの体に夢中だから!」
『そういう挑発には乗りません。どうせ、休みなんでしょ。仕事が終わったら行くね。お泊りセット、持っていくよ』
「わたしと友哉さんが一緒に寝てることに怒らないの?」
『ゆう子さんには楽勝だから。だって、中身がお粗末なんでしょ(笑)』

 友哉が使ったブラックジョークを言うが、女優の演技力のプライドしかないゆう子は気にしない。
 メールはそれで切れたから、ゆう子はマンションから直結する店に買い物に出た。マスコミに見られなくて便利なマンションだ。簡単に出来るレトルト食品などを買い、部屋に戻り、レンジにそれを入れて、またベッドに潜り込んだ。
 ベッドの中で服を器用に脱いで、裸で友哉にすり寄ろうとしたら、急に喉が詰まったような不快感に襲われ、それを止める。ゆう子は首を傾げた。

lineパニック障害、また、きつくなってきたかな。
 ゆう子は深呼吸をして、気持ちを整えた。友哉に『光』を使った脳を刺激する治療を毎回頼むのも気が引けて、薬をこっそりと飲んだ。友哉も、「光とはいえ、毎日のようにやっていいのか分からない」と言っていた。AZで調べたら、『毎日できるが、友哉様の技術次第』と書いてあり、彼が光の刺激の強弱ができるようになったら、光の治療がより安全になるという意味だった。

 ワルサーPPK(正称RD)にしても、彼の意思で威力を変えられるようで、友哉がたまに山に出かけて、一人で何かやっている様子がAZで確認できるが、自分でPPKを使った射撃の練習しているようだった。彼はいつも疲労感を露わにしていて、無口だが、それに疲れているのもあるのだろう。
 電子レンジの音で友哉が起きた。彼はすぐに顔を洗いに行った。キッチンに入った友哉が、
「朝からカレーのレトルト?」

と訊いたが、ゆう子はそれには答えず、
「利恵ちゃんが夜に遊びに来るんだけど、あなたはどうする?」
と訊いた。
「帰る」
「美女二人に興味なさそうだね」
「見た目には興味はあるけど、お喋りがうるさいから帰るよ」
「笑えないよ。笑えないよ。笑えないよ」

「ほら。うるさい」
 ベッドから出たゆう子は全裸のままテーブルにある週刊誌を開いて、
「これ、どうする? わたし、初スキャンダルだけどね」
と、肩を落として訊いた。
 電子レンジで温められたレトルトのカレーを食べながら、友哉は、「うーん」と唸っただけだった。彼はゆう子の裸が気になって、なかなかカレーライスが減らない。