第八話 すれ違う気持ち

◆未来の武器と特殊用語

【AZ】ゆう子が持っているAiタブレット。ゆう子の三年間の記憶がインプットされていて、膨大なテキストがゆう子の質問に答える。また、友哉を転送するための座標や距離などを計算したり、友哉の健康管理もできる。世界中の国家の機密機関、監視カメラなどに侵入できる。Aiのため、ゆう子の感情にも答え、中にいる知能は『シンゲン』という名前の男。
【RD】友哉が持っている拳銃の中に埋め込まれた武器。地核のエネルギーが放出されるが、微力、強力の強弱ができる。持ち主の心理、意図に反応し、周囲の空気を纏うと、高熱の蛇のような動きも見せる。ただし、相手の悪意、敵にしか反応しない。
【リング】友哉とゆう子が指に嵌めているこの時代の指輪だが、中身はトキが改造した未来のリングで、ゆう子のは通信のみ。友哉のリングは、プラズマシールドを発生させる役割を担っていて、緑色に光ると、人の軽い病気や軽度のケガも治療する。友哉の体の中にあるガーナラを放出する役割も担っている。
【プラズマシールド・電磁壁】すでにこの時代にもあるが、トキの世界では、人間の体をオブラートに包むほどの精度で、友哉が転送される時に、自分の体を保護しているのもこれである。
【光】友哉のリングが緑色に光る時に発生するセンサー。人間の脳の中に侵入し、病気の根源をコントロールする。痛みを取ることもできるし、避妊もできる。
【ガーナラ】友哉の体の中に投与されたハイブリット生薬。無数の生薬と一部化学物質。友哉の体は病気にはならなく、腕力は人類で最強。無限の精力もあるが、副作用が悲惨で、トキの世界で禁止薬物になっている。副作用がある時は、人類最強からあっさりと弱化。歩くこともできなくなる。
【マリー】リングの中に組み込まれている重要な「光」。女性ホルモンを活性化させたり、男の怒りを和らげる効果。また、友哉が愛している女や友人など、守りたい相手を検知する役目も担っている。
【ダークレベル】友哉の目の前の人間が悪か善かを判断する数値。基準は不明。五十億人分のダークレベルがAZに入力されている。
【回復】友哉が、ガーナラの副作用で疲れた時に、友哉をセックスと色気で元気にさせる医療行為。ゆう子が名付けた。

『佐々木先生、申し訳ない』
 男が泣いている。寝たきりの妻、登校拒否の長女、不良になってしまった次女。崩壊寸前の家族を守ってきた、そう様々な苦労に耐えてきた、実直な気骨のある親友の男がdots

 友哉は言葉を失っていた。彼はベッドに横たわる友哉と同じ目線に身を置きたいのか、頭を深く下げた。それを見て、動かなくなった足が震えたような錯覚で、全身に鳥肌が立った。
『申し訳ありません。dotsなぜ、こんなことになったのか。あいつが何を考えているのか。私はなんと言ってお詫びしたらいいのかdots

 敬語に言い直した彼は、もう一度、ベッドの上の友哉に頭を下げ、病室の机の上にある離婚届けに目を向けた後、
『なんてことだdots。何もかもが最悪だ』
 その後、絶句した彼、松本航はよろめきながら病室から出て行った。
 まさに背中も泣いていた。雪山で凍えているように震え、小さくなっていた。

 友哉は天を仰ぐように思わず、病室の部屋の天井を見た。そこにはどす黒い血が付着していた。震える手でナースコールをして、
『天井に血が付いている。部屋を替えてほしい』
 友哉は、やってきた看護婦に怒鳴るように捲し立てた。
『血なんかついてませんよ』

『嘘だ。この部屋は特別室だ。大部屋が満室だからって、海外でウイルスに感染した患者を入れる部屋だ。そんな患者が天井に向けて血を吐いたんだ』
『作家の先生は考えすぎですね。安定剤を点滴するように、先生に言います』
 看護婦は携帯電話を取り出すと、担当医に友哉が錯乱していることを伝えた。
 医療用大麻を注入された友哉は、体が温かくなってきて、その後、頭がぼんやりしてくるのが分かった。

 しかし、その効果が切れると、真っ白なはずの部屋の天井に赤い血が見えるようになった。
 退院後、友哉はそのフラッシュバックに悩まされて、
lineまさか、これがPTSDなのか
と呆然としていた。そして退院後、一人になった部屋の天井を見た。眉間に太い皺を入れ、凝視していた。
line俺はどんなに辛いことがあっても冷静に生きる。取り乱した姿は、

dots美しくない

 ◆

 友哉が目を開けると、ゆう子と利恵と一緒に宿泊していたロスアンゼルスのホテルの部屋の天井が目に入った。思わず、目を逸らすと、その視線に先に利恵が立っていた。窓に寄りかかるようにして、外を見ている利恵。右手にコップを持っている利恵は、上半身が男物の白いシャツ。それは友哉の私物だった。下半身は深緑の下着だけだった。地味な色だが白いレースが付いていてバランスがいい。シャツの中にブラジャーもしていなかった。

 背が低めのモデルのようなスラリとしたスタイルに、すぐに目を奪われてしまう。
line美しい。今までに見た女でもっともdots
 ゆう子の健康美には生々しさがあるが、利恵の体には、清潔感が常に漂っていた。例え、セックスに乱れても。部分的に見れば、奥原ゆう子の美しさに文句のつけようはなかったが、総合評価は利恵が優位だった。所作や優雅な様子がそう思わせるのだ。

 病院での治療で仮死状態から蘇生した友哉は、なぜか簡単な手続きで退院を許してもらい、病院からホテルの部屋に戻されていた。
「利恵dots
「あ、起きた」
 利恵はコップをテーブルに置くと、友哉が寝ているベッドの中に滑り込むようにして座った。そのまま体を友哉に寄せて、唇は剥き出しの上半身に寄せた。

「さっきまで気持ちよさそうに寝ていたのにdots
 友哉の寝汗に驚く。
「悪い夢を見た」
「どんな?」
「悪い夢を語らせるのか。それに人の見た夢の話ほど退屈な話はない」
「そっか。そのクールな口調。普通の女の子は怖がるよ」

 友哉の乳首をそっと舐める。ベッドの中では、唇と唇を滅多に合わせない利恵。唇の周りはすぐに唾液や体液で光ってしまう。その淫靡な様子が、ベッドの外に出た時の可憐な様子とのギャップを生み、友哉を興奮させて止まない。きっと、それまでの男たちもdots
「おまえもか」
「慣れれば平気。それが男と女」
「俺はおまえのその言葉遣いに慣れた。こっちには慣れてくれたか」

「まだ。ゆう子さんは慣れたと思う」
「正直だな」
「それからdots
「それから?」
「あいつdotsも」

 寝言があったようだ。友哉が苦虫を噛み潰したような表情を見せると、
「律子さんかなあ。でもきっと違う。おまえって呼べる女。別れた後、あいつって呼んでいた女。友達の前でね。名前を言えないくらいムカついているか、今でも大好き」
と言って、笑みを零した。目はあまり笑っていない。
「利恵dots。どちらでもない。恋愛は複雑だ」

「その女の連絡先はdots
 利恵が、机の上にある友哉のスマホに視線を投げた。ゆう子と三人でロックを外してある。
「ありませんでした」
 利恵が笑った。
「そんな良くない趣味があったのか」
「ないけど、非常事態ってこと。二度と見ない。ごめんなさい」
 利恵は一呼吸、置いた後、

「男友達もいなかった。ゆう子さんとわたし。晴香ちゃん。あと松本航さんって編集者。松本涼子の父親ね。他にも何人かいたけど男性で、その人たちも編集者。あと、桜井さんね。なぜか神奈川県警の人の名前もあった。その人は友達? 律子さんは名前だけ。電話番号は消してある。親戚らしき人の名前もなくて、他は施設とかお店とかdots
と言って、
「寂しい人dots

と、消え入るような声で言葉をとめた。
「旅行にさえ行かなければ寂しくないよ。自分で選んだ生き方だ。同窓会で昔を懐かしむ懐古趣味もない。目の前にある今が俺のすべてだ」
「今? わたしかな」
「そうだ。あいつって誰のことか分からないが、元カノだとしたらやり直す気はない」
「ふーんdots。よくある口説き文句」

 利恵が口を尖らせる。珍しい利恵の表情に、思わず「かわいい」と口にしそうになるが、涼子とやり直す気はなくても、涼子が再び帰ってきている事は事実であり、成田では改めて告白もされている。結婚したいことを含ませる告白だった。友哉は、利恵を口説く言葉を咄嗟に飲み込んだ。

line涼子とやり直す気はないが、松本と交わした約束も反故になったわけでもない。松本は、娘の行動に絶望して、涼子とほとんど会っていないくらい激怒しているが、涼子が俺とまた会っていることを知ったら、結婚をするように頼んでくるかも知れない。

 涼子の父、松本航と「涼子が大人になったら結婚する」と約束し、涼子もそれに同意した婚約と変わらない密約だった。ところが、涼子が、離婚した友哉の元にやってこなかったことによって自然消滅と思われたのだ。それなのに、涼子が今、ふらふらと戻ってきている状況だ。

「あ、大事なことを忘れていた。晴香の先輩は無事か」
「うん」
 利恵が頷いた。友哉の下半身にはバスタオルが置かれていて、少しずれて毛布がかかっている。利恵はその毛布をいったん、友哉の下半身に丁寧にかけ直した。
 北島春香は、自分がバーで事件に巻き込まれたとは怒らずに、利恵にこんなことを言った。北島春香は同名の晴香のことを「晴香」ではなく、「ササハル」と呼んでいたようで、

「ササハルが不思議な体験をしている子だから、お父さんがロスにきていることを怖がっていた。わたしにも、外を歩かないように言ってたんだ。それもあってバーに来たの。学校にいたら、殺されていたね。他の学生も」
と言った。佐々木晴香の略である。今は喜多川晴香だ。
「不思議な体験?」

「子供の頃から変な男たちに着け狙われていて、まあ、あれだけの美少女だからね。その度にお父さんが助けてくれていたらしいよ。お父さんといたら不幸になるとか言ってたけど、あれ、反抗期だよ。すっごいファザコンだから」
 彼女はいったん言葉を飲み込んで、
「ササハルはきっと虫の知らせでやってきて、ササハルのお父さんがわたしを助けてくれたんだ」
と言ったのだった。

 回復してきた友哉は利恵が自分を裸にして愛撫していたことに気づいた。ゆう子ほど積極的ではない女だから、珍しいと思う。利恵のセックスは、友哉から利恵を触りだすと、きりがないくらいに彼女はセックスに没頭するが、自分からはあまりしない女だ。ただ、お酒を飲むとそうではなく、「飲みすぎは自重している」と苦笑いをしていた。
「疲れはどう?」

「すまん。無茶をして」
 友哉が裸だったからか、部屋は室温を上げていた。利恵が持っていたコップにはお酒が入っていたようで飲んでいたようだ。
「寝てる間に女性に犯されているみたいで恥ずかしいな」
「そういうのはいや?」
 利恵が笑うと、

「経験してみたら、あんまり楽しくない。俺、いつも疲れて寝てるから、まるでマグロの男になってて恥ずかしいんだ。なにをされたか覚えてないし」
と友哉は言った。
「じゃあ、次からビデオ撮影しとく。わたしの体、ビデオに撮影するとより美しくなるって言ってたよね」
「ああ、公衆トイレが背景でも絶美だ。湖にいる白鳥のようだ」
「微妙な表現。でも嬉しい」

「照れ臭いよ。女の美しさを一から十まで真面目に口にして褒めるのは。そうだな、凛とした落ち着いた佇まいが、粉雪が舞う白い湖面にdots
「もう、いいよ。意外と日本人男子」
 利恵がクスクス笑った。日本の男は女性をストレートに褒めるのが苦手という意味だ。
 利恵は友哉の下半身に触り、ペニスが硬直してきたのを見て、毛布を避けるとすぐに跨った。そのままの姿勢で、

「わたしと心中してよかったの? ゆう子さんだったら無茶はしなかった?」
 艶っぽい声を漏らしながら、絞り出すように言葉も作っていて、その表情はとても大人びた淑女のものだった。言葉を作る時は控えめに腰を動かす。ゆう子とは違う、余裕のあるセックスだと分かるし、年齢的には余裕がありすぎるとも知れる。利恵はまだ二十五歳だが、結婚、離婚を繰り返してセックスの経験を積んできた四十を過ぎた美人妻のように、友哉には見えた。

「ほっといても殺されるなら、あれしか手はなかっただけで、心中とか考えてなかった。ガーナラは一緒にいる人間を助けて、自分が死ぬ薬だ。正確にはマリーってやつがそれをコントロールしてるみたいだ」
「そうなんだ。うん、わたし、ほとんど無傷」
 利恵は腰を自分で動かしながら、しばらく感じるのを我慢していたが、お喋りを止めると、足の爪先をたてるようにして踏ん張り、膣から友哉の男性が外れないように力を入れた。

 持続するエクスタシーを得たかったようで、それがすむと友哉から崩れるようにして離れた。
「気持ちいい。最高dots
 呼吸を荒くしていたが、すぐにその息を整え、また友哉の腰に顔を寄せた。ゆう子のような慌ただしさはなく、優雅に次の準備に入っている。
「セックスの時にキスをしないのは?」
 元彼に奇妙な愛撫のやり方を仕込まれた女とは真逆の、当たり前の愛撫が抜け落ちたセックス。友哉は根掘り葉掘り訊くつもりはなかったが、そこだけが気になり、気分が良さそうな利恵に、思い切って訊いてみると、

「男の人が疲れている時は息苦しいと思う」
と、すんなりと答えた。
lineなるほど、天才的な気配りだ。
 だが、すぐに疲れてしまう年齢の男と付き合っていたのだと分かる。
「お喋りしないで、激しく突いて」
 利恵は性癖をさぐられたことに気づかないほど、乱れていた。
「すごい体だな」

「ごめんなさい。淫乱で。お酒飲んでいい? バカになりたい」
 友哉が体を起こし、正常位の姿勢にしてまた挿入すると、利恵は「助けて」と言いながら、だが、友哉の腰に足を絡ませた。
「あなたのが最高。硬い、太いdots
「おまえのセックスも今までの女で最高だ」
 呼応するように言ってしまうが、本当だった。

「嬉しい。それでいて…そうこんなに淫乱なのに、あなたみたいな男性と一緒になれたら最高」
 うっとりとして髪の毛に手櫛を入れる。その仕草も艶めかしいが、セックスに狂った頭の悪さは一縷も見せない。処女性を失わない位の高い家柄の娘のようにも見えるが、利恵は庶民の家柄だ。
line一緒? 結婚したいのか。まだ会ったばかりなのに。

 友哉が困った表情を見せるが、利恵はそれに気づかず、小さなバーボンのボトルを抱くようにして、ナイトテーブルから取ると、珍しくラッパ飲みをする。
「どうした? ゆう子みたいだ」
「ゆう子さんの名前は出さない」
「すまん」
 また、一気に飲んだ。胸が焼けたのか、喉の下を擦った。

「一回、死んだと思って生き返ったら、死ぬほどやりたくなった」
「まあ、トランプをする気分じゃないな。その気持ちは分かる」
「あなたに出会ってから、お金とセックスしか見えてないって、言ってから死にたかった。拳銃を突き付けられた人の気持ち、分かる?」
dots
「自分の中の闇や悪徳を喋りたいと思うの。謝りたいって」

 利恵は酔った口調のまま、
「徳を積んできたのに、どうしてこんなひどい目に遭うんだろうって思わなかった。悪い女だから殺されるんだって。dots最悪」
と嘆く。
「たしかに、徳を積んでいるようには見えないな」
「なんでそんなにはっきり言うの。あなたも最悪」

「酔っぱらってたんじゃ、真面目に聞けないよ。だけど、俺もワルシャワでテロリストに拳銃を突き付けられた時には、似たような感覚になった」
 利恵が友哉の顔を覗きこんだ。
「不甲斐ないなって。こんな悪党に簡単に殺されるのかって。もっと、体を鍛えとけばよかったとか。俺もトキからもらった武器を携帯していたのに、街中の人も救えなかったし、だったらせ

めて刺し違えないと惨めだってね。おまえも俺も徳を積んでなくて、遊んできたってことだ。それを死ぬ瞬間に反省したんだろう」
「ごめんなさい。お金に目が眩んで、その後のセックスも楽しくて。ドライブとかも。あなたの人間性は見てなくて、だからゆう子さんとの関係をそんなに気にしなかったのかも」
「不倫している女が、男の奥さんを最初は気にしないのは、快楽をもらえるからだ。ゆう子は奥さんじゃないが、あの態度は妻っぽい。だからそんな感覚だろ」

「たぶんね。ゆう子さん、今も東京のマンションでじっと待っているあなたの奥さんみたい。何も言ってこないし」
「うん、連絡はないな」
 リングをちらりと見る。ゆう子は、友哉が利恵と一緒の時は存在をわざと消している。正妻の姿勢に似ている。
「最初の日に、モンドクラッセのホテルで起きたら、枕元に五万円があって、もう一泊にしてあるってメモがあった。それを見て惚れちゃったんだ。大人のお金持ちはかっこいいなって、それだけよ」

 そう本音を言い、友哉のペニスを口に含む。すぐにそれを吐き出すようにして唾液も一緒に零す利恵。バーボンの匂いが部屋に充満していた。
「それだけか」
「それがとっても大事。出会いの奇跡や見た目」
「もっともだ。お金がなくなったらいなくなるタイプだが、女はそんなもんだし」
「ケンカ、売ってる」
「言わせてるんだ。しかも酩酊して酒臭い女に、星空の話でもしろっていうのか」

 利恵はただの黒いモニターに見える部屋の窓に目を向けて、
「ごめんなさい。わたし、有名だったら世界悪女列伝に加えられそうな女。男がいろんな意味で落ちぶれたら、さっといなくなる。それがわたしの本性かもって、まさに死ぬ前、あの爆発する前に分かった。だからセックスだけでもいいよ。わたしの体のすべてを捧げるから、そのセックスだけで結婚を考えられる?」
と、頭を垂らしながら言った。

「やっぱり結婚か。でも、セックスだけのはずはないよ。おまえは、家事も上手だ」
「女のその技は、本性を隠すため。男を手に入れるための、ちょっとの努力」
「俺が落ちぶれたらさっといなくなる女と結婚するのか。それじゃあ、俺の人生は恥のリピートだ」
 苦笑いをすると、
「あなたがずっと頑張ればいなくならないでしょ。そこは落ちぶれる男が悪いのよ。事故で足が動かなくなったから離婚した話なら、車に跳ねられても上手に受け身を取って、笑っていたらよかったのよ。あなたはそういう男」

「誰かさんとそっくりだ。そうだな、セックスだけ…。快楽と休養だけdots。そんな夢も昔にあった」
「誰かさん? 元カノ? わたしとは考えられないの。ゆう子さんがいるからね」
「ゆう子は関係ない。三年間、ゆっくり考えちゃだめかな。今は、疲れがひどいんだ」
 ガーナラの副作用の苦しみをよく分かるのは、ゆう子だけだ。一見すると、年相応に働き過ぎた労働者が「疲れた」と言っているだけに見えるのだ。現実に、友哉の男性は逞しく硬直している。

 それを見ている利恵が、疲れているから誰とも結婚を考えられないと、説明する友哉を信じるはずがなかった。
「副作用だよね。それがどれほどのものか、よくわからない。すごく硬くなってるし」